WEBで給与明細を発行して誤配を防ぐ

給与明細を紙ベースで発行するよりもWEBにしたほうがコスト的にメリットがでるのでおすすめです。

TOPICS

コストカットのためにWEBの給与明細の導入を

WEBで給与明細を発行して誤配を防ぐ 現在、給与明細を紙ベースで従業員に渡している会社もあるかと思いますが、今はその給与明細をWEB上で表示させるのが主流になりつつあります。このWEB明細というのはもともとコスト削減対策の一環として始まりました。毎回給与明細を渡すのにあたって、通常は他の人に見られないために特殊な加工をして渡している会社がほとんどでした。紙ペら一枚では誰でもその中身が見えてしまいますからね。そこで外注している会社がほとんどだったのですが、そのために非常にコストがかかっていたのです。また、外注するがゆえに明細発行までに時間を要することになったり、時間外手当などの締め日が早いというような状況も多々ありました。WEB明細のメリットというのはこのようにコスト面とスピード面との両方であるということが言えます。

そこでWEB明細の登場です。WEBになるとペーパーレスになるということで外注していたお金がシステム運用費代だけですみますので、丸々うきます。また、通常は勤怠システムとの連携によって自動計算をしてくれることになりますので、人事管理に関するコストを相当カットできることとなるのです。ですが、気をつけないといけないのはリスク管理面です。社員の給与データが入っているということでパスワードを二重に設定するようにしている企業もありますし、情報漏洩に関しては細心の注意を払わなくてはいけません。給与関係のサーバーだけ別にしている会社もあるほどです。ですが、外注に比べれば中での管理になりますのでコスト的にはかなりの節約になります。法的に見ると、労働法上で賃金台帳の管理義務がありますので、その期間は必ずシステム内にデータが残っているようにしないといけないというのも留意点としてあります。