WEBで給与明細を発行して誤配を防ぐ

WEBにより給与明細が現代ではそれが可能になった時代で、以前は手計算でしたが便利な時代になり

TOPICS

WEBによる給与明細の関連について

WEBで給与明細を発行して誤配を防ぐ WEBによる給与明細を出力できるような時代になり、それが当たり前になった時代です。昔は、給与明細表として〇〇手当が幾らだとか交通費が幾らで…等皆、手で計算し手で記入しという給与の出し方でしたね。しかし、パソコンが普及してからというもの、機械での管理について誰かが開発し、その中での利用が全て入力して初めて差引き計算が出てくるといったものから、今ではほとんど自動算出です。それは素晴らしい出来だと思います。

以前の計算というと、最初から最後までを入力し終わると初めて最終計算となりますが、計算上のシステム構造が今から考えると面倒くさいものだったと振り返ります。しかし、今では一人一人の出勤日数を入力し、自社の必要事項を誤入力がなければ最後まで自動で出してくれる利口な機械ですね。

WEBで給与明細を出す事は、昔なら色んな工程をくぐってやっと給与明細が出てくるようなシステムでしたが、今ではボタン一つで何月かを指定してやるともう印刷ででるというシステムです。昔の面倒な工程が省かれ、また便利な機能がその代わりに付き、今後は人の手がほぼいらなくなる程のWEBで給与明細を算出する事が可能なのではないか?と思われます。今から10年後20年後は、そんなWEB機能がついたものも開発される時代へと必ず変化していくと思います。人の手がいらなくなる、例えば携帯同様言葉による受信作成、スキャナーによって全てが一瞬にて仕上がるもの等…変化していきそうな気がします。